LPOでユーザーの目を逃さないようにする

0

インターネットと広告の関係性が深いことは今では常識といっていいのではないでしょうか。何か広告を出すときはインターネットにおける発信を考え、なおかつそれがユーザーの目に留まるようにすることが重要です。しかし、ただ広告を出すのではなく、いかにそこに誘導するか、そしていかに離脱を防ぐかを徹底しなければ、思ったような効果を得ることは難しいかもしれません。

そこで、LPOを実践するという話になるのですが、これはページの最適化を指しています。たとえば、出した広告に誘導されたユーザーが最初に見るページは、ユーザーにとってかなり大きな影響を及ぼすコンテンツとなります。これでよりよいインパクトを与えることができれば、プロモーションが成功したといっていいのですが、逆もありえるので、いかに最適化するかが大切になってくるのです。

重要なのは目的のウェブサイトのアクセス数が伸びればいいという話ではありません。いくらアクセスがあってもユーザーの目に留まらないようなページでは意味がないからです。そのため、アクセス数を伸ばしつつ、効果の高い広告を考えるのが一番です。それにより、新規顧客を獲得し、利益を伸ばしていくことができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>